おはようございます

結局6時にいったん目を覚ましたもののまた寝入ってしまい10時起き。
起きた理由:お腹が空いたから(爆)
でもお昼近いので食パンをこーしー牛乳に浸したのをモグモグしてるだけです。

昨日頭痛になる前にポケモンの映画(TV放映の)を見てたんですが、父親が「どうしてあそこ(ラスト)で和解したのか良く分からん」というので「夕日の川原で寝っ転がって『なかなかやるな』『おまえもな』ってやつだよ」と説明したら納得していただけました。

前々回(だっけ?)の複線もオチも微妙だったエコロネタに比べると楽しませて貰ったんですが個人的に気になったことが二つ。

『電磁波によるオーロラでの会話があっさり解読された事』
  いくら未来世界といってもそんな性能のいいノートパソコンヽ(`д´)ノ
  いくらコンピューターでもあれだけのデータで解読できるモンなのか?!
『宇宙からの生命体のはずなのに、触手2本があっさり一本腕+指5本になった事』
  オーロラで会話できて念動力も使えて、自力で宇宙空間を移動できるようなやつらが
  指なんか要るかなぁ…。もっと宇宙に夢をください!(´・ω・`)
  サトシらを見て姿を変えましたって事ならまぁ納得しないでもないが。

あとサトシ君が『デオキシス!俺たちは敵じゃないんだ!』と呼びかけるシーンがありますが、その土地の人間が勝手につけた名前で呼んでもあんまり効果は無いような気が。あれは意思の疎通が出来るかも、という希望の元にとりあえず意味の含まれた意思を伝えるための叫びだったんでしょうか。
…シナリオ的にはそういう意図があったとしてもサトシくんはあんまりそういうこと考えてなさそうですけどね(^ゝД*)-☆
そもそももし伝わってたとしても、デオキシス的には「じゃぁ邪魔すんなようるせえなぁ」位の感想しかなかったような気もしますが。

宇宙生物との遭遇ネタ的には個人感想はいまいちだったんですが、ブロックロボによる避難経路の橋つくりなどは圧巻だったと思います。暴走もベタといえばベタだったけど、分かりやすい第三の敵だったしね!
というかこの技術がどうしてひとつの街のみに収まってるのか謎ですが。
実験都市かなにかなのだろうか。暴走も含めて安全性とか自然保護とかのデータをとってるとか。だとすると住民登録までパスポート扱いされてるのも納得できなくも無いな。90%観光客くらいの勢いで。





あとびっくりするぐらいハルカとその弟(名前忘れたよ)居なくても話が終わったよな、と。
(タケシはほら一行のお母さんだから)

そういう意味では、キャラをドンドコ入れ替えてお話をつづけていく姿勢のコミック版「スペシャル」を映像化して欲しい今日この頃(まだ言ってるよこの人)。ハルカもあっちのサファイアならキャラ立ってるし。何より「ライバル」という設定に終始しつつもお話はきっちり、というシナリオの姿勢がすばらしいと思うのですが。
(正直アニメの毎週繰り返しギャグには食傷気味…いてもいなくてもなロケット団とタケシのおねえさんメロメロネタ。そんなことしなくても30分もつんじゃないの?!)
[PR]
by hakaneko | 2005-07-15 12:10 | 雑記


<< ただいま!>┌(_Д_┌ )┐ ・゚・(ノД`)・゚・ >>